危機的状態が続いてしまっている

37-03

今日本では原子力発電所が東日本大震災の影響によってトラブルが発生しています。やはりその危険性、さらには莫大なコストが必要となってくる原発というのは、将来的にはいずれ全て無くさなければいけない状況に追い込まれているのです。

それを実現させるためには、政府だけに頼っていても一向に先に進むことが出来ません。一般家庭で使うことの出来る再生可能エネルギーと言えば「太陽光発電」です。

その悲劇は未だに衰えること無く、言うならば危機的状態が続いてしまっているのです。ですので私達が個人的に脱原発に向けて動いていくことが大切なのです。

現在の政府の方針ですと、原発を推奨していることから、当分の間はこれら先脱原発に向けての議論は実施されないかもしれません。脱原発に向けての第一歩としまして再生可能エネルギーの導入が挙げられます。

しかしこのような太陽光発電の普及がさらに一般的に広がってきた場合は如何でしょうか?もし太陽光発電の導入が当たり前の時代になったら如何でしょうか?太陽光発電は天候がお笑い草までに日や夜間は電力を作ることが出来ませんので、何かしらその他の代替エネルギーも必要となってきますが、原発という莫大な電力を生み出すことになる危険なエネルギーの必要性は無くなります。これから先代替エネルギーが確立し、太陽光発電が一般家庭にまで完全に普及することによって、安全安心な日本を実現することが出来るでしょう。

しかし当たり前のことですが、それではまたいつ同じトラブルが発生するかわかりません。現在ではリフォームの一貫として太陽光発電を設置するご家庭が急増してきています。

国全体から見て、最小集合体とも言える家族単位で省エネの努力を積極的に行ったとことで、そこまでの脱原発に向けた効果は期待出来ないかもしれません。

検索